MENU

最悪の場合は強制執行もありうる

支払督促申立書が来たらどうしたらいい

 

申し込みも簡単で、いつでもどこでも借り入れができてしまう手軽さもあって、キャッシングを利用する人はとても多くなっています。借りやすさと同時に返済のしやすさもありますが、中にはその返済が滞ってしまうような人もいます。うっかりしていて返済日に間に合わなかったというような事は誰にでもあり得ますので、すぐに返済をすれば問題は特にありませんし、いきなり督促状が届くような事もありません。

 

ですが、もしその延滞が続いてしまっているのであれば、キャッシング会社側としても督促を開始しなければなりません。あくまでも契約者本人との交渉になりますから、いきなり自宅に取り立て屋さんが来たりするようなドラマのような事はありませんが、電話やメール、郵送物等での注意喚起から始まって、それでもダメならばもう少し踏み込んだ形での本格的な督促が始まります。

 

督促の電話には出たくないかもしれませんが、出来るだけ誠実に対応するのが本当は一番自分にとってもためになる事です。どうしても返済ができない状況なのであればそれを説明して、どうしたらいいのか相談する事もできるかもしれません。

 

それでもやはり全ての連絡を無視し続けてしまうと、やむを得ず裁判所が関わってくる事になります。その際に郵送されてくるのが支払督促申立書です。借金の総額と、その全額を支払う事、それがダメなら強制執行ですとの一見無慈悲な内容の通知ですから、読んだら驚いてしまうかもしれません。何しろ一括で全額を返済するようにとの事ですから、そもそも返済ができなかった人にとっては目の回るような話かもしれません。

 

ですが、そこには異議申立書といった書類も同封されています。これは支払えませんといった意味での異議ではありませんが、この書類を提出する事によって強制執行を回避する事ができます。

 

異議申し立てをしたら

異議申し立てをしたからもう大丈夫かといえばそうではありません。その後は裁判所での話し合いに行かなければなりません。ずっと避けていたキャッシング会社側と対面するのはとても抵抗があるかもしれませんが、これを行わなければ結局は強制執行になってしまいますので、必ず話し合いの場へ出向きましょう。

 

ここでは、最初に通告があったような全額を支払うように説得されるというわけではなくて、むしろ返済額を減らす事や、利息を免除してもらうような事を交渉する事になります。現在の収入に見合った形でどのように返済できるのか、いわばローンを組み直すような相談ができるので、督促を受けた側にとってはむしろメリットのある事なのです。

 

これはあくまでも和解交渉ですから、気が重いかもしれませんが間に裁判所も入っている事ですし、とても守られている状態で話し合いに臨めると思って誠実に対処しましょう。きっとご自身のためになるはずです。

 

どうしても返済できない場合

話い合いをしたところで、到底返済など無理な状況であればどうしたらいいのだろうかという心配がある人もいるでしょう。そのような人には債務整理という救済方法が存在しています。債務整理にもいくつかの方法があって、住宅ローンなどは残したままで、キャッシング等の借金を圧縮して短期間で返済するといった個人再生や、失うものも多いけれども全ての借金がなくなる自己破産など、その方法はその人の状況によって違うでしょう。

 

借金苦でもうダメだと自暴自棄にならなくても、国が用意している救済策を利用して生活を立て直すチャンスは作れます。弁護士等の専門家も、無料相談等に応じていますから、気軽に問い合わせる事ができるでしょう。弁護士に支払えるような謝礼金などないと心配するかもしれませんが、それも含めてどのようにしていくのかを教えてもらう事ができるでしょうから、しり込みせずに勇気を出して相談に行きましょう。

 

そして、また同じような事態を招く事のないように、自分の生活の仕方を見つめ直し、もう一度最初からやり直して無理のない生活を心がけたいものですね。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日