MENU

ブラックリストに一度載ったら消えないわけではない

キャッシングやクレジットカードで多額の借金を抱えてしまい、返せなくなってしまった人はいませんか?そんなとき、救済策として債務整理があります。借金で一番悪いのは、借金を返すために借金をするという点です。これをしてしまうといわゆる「自転車操業」の状態になってしまい、返しても返しても借金が減っていかないということになります。

 

カードも複数枚持つことになるため、返済日が統一されずに、いつも口座残高を気にする生活になってしまいます。そうなると日々の生活がいつも精神的な重圧に潰されそうになるばかりでなく、借金のことばかりが頭にあるため、人生が悲観的になってしまいます。債務整理は借金を自力で返せない人が行うもので、自己破産や個人再生といったものがあります。多くは弁護士を通して行いますので、自分で何でも行う必要はありません。

 

債務整理をすると、必ずブラックリストに載る

債務整理は「私はこれ以上、お金を返すことができません」ということを融資側に対して宣言するようなものです。借金の一部・または全部を免除できるという点がありますが、逆に債務整理を行うと、信用情報機関に債務整理をしたという情報が載ってしまいます。これが「ブラックリストに載る」ということです。一度ブラックリストに載ると、住宅ローンやカーロンなど、他のローンも組めなくなるばかりか、5年間は情報が消えません。

 

つまり、債務整理をしてしまえば借金は確実に減りますが、その反面、5年間は絶対にカードも作れませんし、他のローンも組めなくなるというデメリットが待っているのです。お金を貸した側からすれば、せっっかくお金を貸したのに返せなくなったというのは「焦げ付き」になります。ですから、借りた側もペナルティを負うことは避けられないのです。

 

ブラックリストは一生消えないものではない

ここで心配になってくるのが、一度ブラックリストに載ったら一生、その情報は消えないのかということですが、そんなことはありません。前述でも書いたように、5年間は情報が消えませんが、5年経ったら信用情報機関からブラック情報は消去されることになっていますので、5年後にはまたカードを作ったり、ローンを組んだりすることができるでしょう。債務整理には大きく分けて3種類あり、任意整理・個人再生・自己破産が存在します。任意整理・個人再生は安定収入があることが条件となりますが、返済計画をきちんと立てて融資側と折り合いをつけ、返済を目指すものです。

 

自己破産は自分の生活に必要なものを全部処分し、それでも借金が残ったら、それを免除するという債務整理方法になります。任意整理は返済完了後5年間で情報が消去され、個人再生は裁判所の免責確定の判断が下ってから5年間ということになります。ですので、自分のブラック情報が消えるタイミングがいつになるのかを把握しておくことで、後々のキャッシング申請時などに労力をかけずに済みます。

 

これからキャッシングやクレジットカードの申し込みをするならば、一度債務整理をした経験のある人や延滞したことのある人は、自分の信用情報はどうなっているのかを調べてみるのも悪くはありません。信用情報機関は安価で情報開示をしてくれますので、手続きをして信用情報を見ておくと、自分は果たしてキャッシングを申し込める資格があるのかが一目でわかります。

 

キャッシング業者の中には「ブラックの方でも融資可能」などと謳っている業者がいます。そしてこういった業者はチラシなどをばら撒いていることが多いのですが、こうした業者はほぼヤミ金だと思って間違いありませんので、絶対にこうした誘いに乗らないようにしてください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日