MENU

なぜ在籍確認が必要なのか

キャッシングをするときに必要なのが「在籍確認」となります。在籍確認はキャッシング利用希望者がキャッシング会社へ提出する情報です。この情報というのはキャッシングを申し込んだ本人が申告した勤務先に勤務しているのかを確認するための作業であり、ほぼすべてのキャッシング会社が行っています。

 

この在籍確認は本人に返済能力があるかないかを判断するためのものであり、在籍確認ができなければ、勤務先を申告した人が勤務していないかもしれないということになり、虚偽申告したと思われ、審査に通らないこともあります。

在籍確認が行われる手順など

在籍確認は会社ごとに違いますが、キャッシング会社は必ず「自分たちの会社名を名乗らない」ということに気をつけています。申請者も在籍確認において会社に電話をかけられるのが嫌だとか、親族バレが嫌だという人は多いのです。そのため、キャッシング会社の在籍確認では、会社名を名乗らず、個人名で電話をかけてくるケースがほとんどです。

 

会社に電話をかけるときにはキャッシング会社は個人名でかけてきます。受付が電話を取っても不審がられないようにとの配慮がなされるためです。「○○と申しますが、○○様はいらっしゃいますでしょうか?」という形で電話をしてくるので安心です。ただし、個人情報の関係で会社側が本人在籍の有無について答えないという場合もあります。

 

こうした場合、キャッシング会社には自分が会社に在籍していることを示す必要性がありますので、こうした場合には会社名が入った健康保険証や社員証のコピー、または直近2ヶ月分の給与明細をコピーして送付することで在籍確認として取り扱われるので、最近では書類のみの在籍確認を行っているキャッシング会社も多く存在します。

 

もしも、あなたが社内でそこそこ融通が利く存在であったり、受付などと仲が良い人であれば、自分宛てにキャッシング会社から在籍確認の電話がかかってくるかもしれないから、そのときはよろしくといって言付けをしておくこともできるでしょう。基本的に、あなたが会社に在籍していることがわかればよいのですから、在籍確認についてあまり気にする必要はないでしょう。

 

  • 在籍確認は重要なので、キャッシングの申込時には必要!
  • キャッシング会社は個人名で会社に電話をするため、会社にキャッシング申請の事実がバレることはない!
  • 書類による審査を行っているところもあり、社員証や保険証などで代替確認が可能!

 

まとめ

なぜキャッシング会社が在籍確認を行うのかというと、申込者本人が果たして会社に勤務して収入が安定しているのかどうなのか、返済能力に疑問符がつく人ではないのかどうかなどの点についてキャッシング会社が確認したいため、こうした在籍確認は行われるのです。

 

しかし、会社への確認電話というのはクレジットカードの確認などでも行われますから、電話が会社にかかってくることについてそれほど心配する必要はありません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日