MENU

電話確認ってどこまで調べるの?今日借りたいときはどうなるの?

キャッシングを申し込めば申し込みを受けたキャッシング会社では申込書の内容が正しいかどうかを確認します。確認方法は項目により色々あり昨年度の収入や先月までの給与などは源泉徴収書や給与明細で確認できますが、それらは全て過去のもので、今働いているかどうかの証明にはなりません。

 

今の就業状況は申込書を見るしかないのですが、キャッシング会社もただ信じるわけにはいきません。何らかの方法で確認を取る必要があり、本人が本当に申告どおりの会社に勤めているかどうかはその会社に直接電話をかけて確認する電話確認が一般的です。そしてこの電話確認はキャッシングの内容には関係なく即日キャッシングであっても行われます。

 

実績によっては省略される場合も

キャッシングの申し込み者が過去ローンなどの実績がある場合や、他社の取引含め信用履歴に問題がない場合などは信用がある申し込み者という判断がされて職場への電話確認なしで承認される場合はあります。また申し込みのタイミングによっても電話確認なしで仮承認が行われ一定金額即日融資が行われる場合もあります。

 

申し込み時間が遅いときや土日祝日の申し込みで電話しようにも勤め先が休みで連絡が取れないときなどで、電話確認は後回しにするのです。ただ、後回しになるだけで無くなるわけではありません。どうしても電話確認が嫌な人はキャッシング会社に確かめた方が良さそうです。

 

直ぐ終わる電話確認

 

在籍が確認出来ればそれだけでOK

電話確認でキャッシング会社が知りたいことは、現在申告どおりの会社に在籍しているかどうかだけです。電話をかけて色々調査するわけではありません。電話が掛って来たかどうかも本人には分からないくらいです。

 

キャッシング会社の電話確認担当者も心得たもので、日常的な電話のやり取りとして本人の在籍を確認します。電話をした時間に本人が近くにいるかどうかは関係なく、偶々席をはずしていても、出張で会社にいなくてもそれはそれでいいのです。

 

電話を受けた同僚が席をはずしてるとか今日は出張で会社にいないと答えてくれればその会社に在籍していることは確認できたことになります。そしてそれ以上電話が来ることはありません。

 

電話確認の電話とは分かりません

キャッシング会社の担当者によって電話確認の掛け方もそれぞれですが、キャッシング会社名を名乗ることはありません。個人名を名のるケースが多いようですが、銀行だけは銀行名を出すこともあるようです。それも嫌な場合は銀行名は出さないよう申し込みのときに伝えておくことです。

 

たまにある電話確認が失敗するケースとは

最近は個人情報保護や情報流出問題などでセキュリティに対する認識が強くなりました。会社によっては個人名を名乗ってもどちらの誰誰さんですかと聞き返され簡単には居るか居ないか確認できないこともあります。キャッシング会社から確認できなかったと連絡が入れば自社のセキュリティ事情を説明し、不審がられないように実際に使ってほしい名前を教えておけば次回確認では上手く対応してくれます。

 

電話確認ではなんだか失敗しそうと思っている人は始めから電話確認以外で在籍確認をするようなキャッシング会社を調べて申し込む方法も考えてください。電話確認のないキャッシング会社なら会社にキャッシングしていることが分かることもなくなります。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日